ニキビワクチンとは?

ワクチンは、体内の細菌やウイルスに対する抗体を体の中で作ることで、白血球に「この細菌やウイルスは敵である」ことを覚え込ませ、それらの病原性を弱めたり、毒素を無毒化したりしたものです。これをニキビに応用したものが「ニキビワクチン」で、ご自身の免疫に働きかける副作用のない全身治療です。原則として週1回ニキビワクチンのパッチを使用することにより血中の抗体価を高めてゆきます。

基となる成分は、“ペプチド”と呼ばれ、ニキビ菌のDNA配列から菌体成分の異物性となる部分を解析し、その菌の抗原ペプチドと呼ばれる単鎖の蛋白を人工的に合成したものです。このペプチドは年齢性別人種を問わず、今までの症状ではほぼ100%のニキビ菌に有効性が認められています。

私たちはニキビ菌由来の合成ペプチドを用いてさらに身体に抗原刺激を加え、体内に免疫の寛容状態を誘導することができれば、過剰な炎症反応が徐々に沈静化してニキビの改善につながると考えています。

ニキビワクチンの安全性

ニキビ菌自体を身体に投与するのではなく、その菌のDNAを解析してその抗原性を発揮する部分を合成ペプチド化し、ワクチンとして投与することで高い安全性を得ることができます。

このペプチドワクチンは、2012年より日本をはじめとして、ヨーロッパ諸国、米国、中国、東南アジア各国で国際特許を取得しており、米国メリーランド州立大学との共同研究での前臨床試験も終了しており、現在国際臨床試験の準備中です。

詳しくはBSL-48 International Clinic ニキビワクチン外来まで。